TOP > 会長挨拶
 
清潔・快適な国民生活の屋台骨支え
明日の環境総合企業集団へ結束邁進


謹んで新春のお慶びを申し上げます。

私共は、全国津々浦々で市町村行政に積極的に協力して、地域住民の生活環境の保全に日夜最前線で取り組んでおります。

昭和36年に一般廃棄物処理業者の全国団体として設立、爾来半世紀を超える歴史実績を築き上げて参りました。

その経験から改めて確信を深めておりますことは、国民が日々当たり前のように享受しているし尿・ごみ処理の確保がいかに大切であり国民生活の生命線であるかということであります。

すなわち、一般廃棄物の確実な適正処理により、清潔・快適な暮らしが成り立っているわけであります。このことを踏まえ、確実な一般廃棄物処理の公共性・重要性の認識とその実践を各方面に強く求めております。

折しも環境省のイニシアティブにより災害廃棄物処理支援ネットワーク(D.Waste-Net)が昨年創設され、支援体制の強化が進められております。本会は、これまで幾多の大災害に際して、全会員の熱い思いで復旧支援に努めて参りました。今後起こりうる大災害に備え、一般廃棄物の迅速確実な処理に供すべく、引き続き全会を挙げての災害復旧体制を堅持して参ります。

また、水環境の保全では、生活排水処理施設として、経済的かつ効率的、そして災害に強い合併処理浄化槽の普及促進と適正な維持管理体制の整備を図って参ります。

さらに、未来に向けて、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷の低減を図るために食品リサイクル事業、容器包装リサイクル事業等、リサイクル事業に積極的に取り組み、明日の循環型社会に努めて参ります。

私共は今日まで幾多の風雪に耐え、国民の生活の屋台骨を支え、広範囲な事業の推進に全会員の魂を一つにして駆け抜けて参りました。

新たな年を迎え、さらに襟を正し、社会の要請に真摯に応え、脈々と続く歴史実績と身を粉にして培った技術力を礎に環境保全事業を総合的に担う企業集団として、さらなる飛躍を果たして行く決意であります。各位の旧に倍するご理解とご支援ご協力をお願い申しあげます。

むすびに、我が国の安全と繁栄を心より願い、皆々様のご健勝とご多幸をお祈り申しあげ、年頭のご挨拶と致します。